美肌に必須なプラセンタの化粧品が効果覿面!

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コンシーラーとハイライト

中年女性

コンシーラーを使う順番

出来てしまったシミを、メイクでどうにかカバーできないかと考えたときに、まず頭に浮かぶシミ隠しアイテムは、コンシーラーではないでしょうか。コンシーラーとは、ファンデーションでは隠しきれない肌のくすみやクマ、シミやニキビといったトラブルを長時間カバーするために作られたアイテムです。その中でもシミといった、濃い色素沈着をカバーする場合には、色が濃くてテクスチャーが固めのコンシーラーを使うようにしてみましょう。色は、あまり明るすぎたり肌と同じ色にしてしまうと、コンシーラーを叩き込んでいる間に馴染んで浮き出てきてしまいます。また柔らかいものだとファンデーションとほぼ同じなので長時間スポット的にカバーするのには向いていません。ファンデーションの前にコンシーラーでシミ隠しを行ってから、いつも通りファンデーションを塗布してみてください。

シミが出来やすい頬骨上

コンシーラーだけで行うシミ隠しは、しっかりカバーという点では文句無くクリアしているのですが、いまいちあか抜けず重たい印象になりがちです。頬骨の上などは、顔の中でも高さがある部分なので太陽が当たってシミが出来やすいのですが、こういった場所のシミ隠しに効果的なもう1つのアイテムが、ハイライトです。ハイライトは顔にツヤを与えて明るく見せる効果を持っているので、頬骨上などに使うと、シミ隠しをしながら自然なツヤを与えて、若々しい印象へと導いてくれます。また光を集めるレフ板のような効果もあるので、より明るい印象を持たせながら光の力でシミを隠すことができます。つけすぎにだけ注意をし、より効率的で仕上がりの美しいシミ隠しメイクを楽しんでみてください。